刀 () 肥前国藤原国広           江戸時代(寛永頃)   肥前国
                         

       本造り庵棟、刃長63.9p 、反り1.3p、元巾3.0、先巾2.4p、元重ね7o、先重ね5o
      地鉄、小板目。      
      刃紋、湾れに互の目混じり足入る。
      帽子、直ぐに、先、小丸に返る。
      茎、僅かに刃区送り。
     

      業物の作者として知られる国広は、広貞の長男で橋本六郎左衛門と云い寛永−万治頃に活躍しました。




 

    外装付 金着せハバキ付
    日本刀剣保存会鑑定書付
    
しのぎ刀剣美術館