脇差 () 出雲大掾藤原吉武           江戸時代(享保頃)   山城国
                         

       本造り庵棟、刃長44.1p 、反り0.5p、元巾3.1、先巾2.8p、元重ね6o、先重ね5o
      表に笹と雀、裏に護摩樋に梵字の後世での彫刻がある。
      地鉄、板目流れる。      
      刃紋、表は皆焼、裏は太直刃調子に互の目混じる。
      帽子、小丸返り。
      茎、うぶ茎、筋違ヤスリ。
 

      俗名:川手吉左衛門、越前国三代目国次の三男で初代吉武の養子となり二代目吉武となる。
      江戸芝土器町に住む。 業物。    



 
 
  
 白さや、外装付 金着せハバキ付
 特別貴重刀剣認定書付  特別貴重小道具認定付
 
 
しのぎ刀剣美術館