刀 () 兼 永          室町時代 (永禄頃)   美濃国
      
                         

      本造り庵棟、刃長71.3p 、反り1.1p、元巾3.0、先巾2.5p、元重ね6o、先重ね5o
      地鉄、小板目。      
      刃紋、のたれ調子に互の目混じり。
      帽子、直ぐに、先、小丸に返る。
      茎、うぶ茎、刃区送り、鷹羽ヤスリ。
     
      
      俗名は川戸左衛門、奈良派の刀工で美濃国川戸(海津郡南濃町)住、刀の作品は少ないようです。







    白鞘付 金着せハバキ付  日本刀剣保存会鑑定書付 参考全身写真
    
しのぎ刀剣美術館