短刀 () 兼 綱          室町時代(永正)   美濃国
       
                         

       平造り庵棟、刃長28.3p 、反り0.1p、元巾2.2、先巾2.0p、元重ね5o、先重ね4o
      地鉄、板目流れて柾がかり、地沸付く。      
      刃紋、互の目乱れ、砂流し頻りに掛かる。
      帽子、先、丸く返りは深く焼き下げる。
      茎、うぶ茎、檜垣ヤスリ。
     
      







   白鞘付 金着せハバキ付

    日本刀剣保存会鑑定書付

    
しのぎ刀剣美術館