脇差 () 濃州住兼氏          室町時代 (永禄頃)   美濃国
                                

       平造り庵棟、刃長38.8p 、反り0.8p、元巾3.1、先巾3.0p、元重ね7o、先重5o
      表に蓮台、梅に笹の図、裏に護摩樋に梵字の彫刻がある。
      地鉄、板目に木目混じり。      
      刃紋、直刃。
      帽子、先、小丸に返る。
      茎、うぶ茎、檜垣ヤスリ。
 
      ※ 彫刻は後彫りと思われます。物打辺にフクレ箇所有り。    

      室屋関派。







    白鞘付 ハバキ付 日本刀剣保存会鑑定書付
    
しのぎ刀剣美術館