刀 (金象眼銘) 清 光          江戸時代(元禄頃)   加賀国
                                

       本造り庵棟、刃長70.1p 、反り1.4p、元巾3.0、先巾2.3p、元重ね7o、先重ね5o
      地鉄、小板目詰み、映り立つ。      
      刃紋、直刃、刃中明るく冴える。
      帽子、先、小丸返り。
      茎、うぶ茎、切りヤスリ。
地刃健全出来良し。     

      俗名:長右衛門、長兵衛清光(非人)の子で二代清光と成る。
      






    白鞘付 金着せハバキ付
    
しのぎ刀剣美術館