短刀 () 多門麿正毘          江戸時代(寛政頃)   武蔵国
       寛政六寅八月
                         

       平造り庵棟、刃長22.0p 、反り0.2p、元巾1.6、先巾1.2p、元重ね6o、先重ね5o
      地鉄、柾目流れて、沸映り立つ。      
      刃紋、太直刃調に湾れ、刃中砂流し掛かる。
      帽子、先、掃き掛ける。
      茎、うぶ茎、丸棟、化粧筋違ヤスリ。
     

      俗名:金子平太郎、行田忍藩の阿部氏ご用工、志多見村住、名鑑漏れ。


    白鞘付 ハバキ付
    
しのぎ刀剣美術館