短刀 () 朝 尊  ともたか        江戸時代   山城国
       弘化三年牛二月日
                         

       本造り庵棟、刃長37.2p 、反り0.3p、元巾2.4、先巾2.1p、元重ね6o、先重ね4o
      地鉄、小板目詰み、刃寄り綾杉風が混じる。      
      刃紋、匂い口締まりたる直刃。
      帽子、直ぐに先、掃け心に丸く返る。
      茎、うぶ茎、切りヤスリ。文久元年頃以前は勝手下がりヤスリです。
      
地刃健全で出来も良い。     

      俗名:盛岡朝尊、南海太郎と号す。土佐国生まれ、金道門人、千種有功の相鎚をつとめる。
      江戸湯島打ちもある。学者としても知られね刀剣書「新刀銘集録」、「刀剣五行論」などがある。







    白鞘付 銀ハバキ付、特別貴重刀剣証付
    
しのぎ刀剣美術館