脇指 (金象眼銘)  国 次       室町時代(永正頃)  紀伊国
              

      本造り庵棟、鎬筋の高い造り込み、刃長44.1p、反り1.0p。
      元巾2.8p、先巾2.4p、元重ね6o、先4o。
      地鉄、小板目。
      刃紋、直刃。
       帽子、直ぐに、先、小丸に返る。  
      茎、磨上茎。

     紀伊国、「来国次」とも刻す。初祖は大和国手掻系の鍛冶で、天正頃まで続いています。
      本作は永正頃の国次で、国の字の中を※に切るので簀戸国次と称される。










 白鞘付   刀剣保存会鑑定書付  
     
  
  しのぎ刀剣美術館