脇差 (銘)  正 直     江戸時代 (文化頃)    播磨国
        
       [体配]、平造り庵棟、身幅やや広目で重ね厚い。
           刃長33.2p 反り0.4p、元幅3.0、先幅2.7p、元重7、先重5o。
       [彫刻]、表裏に棒樋に添え樋の彫刻がある。
       [地鉄]、正目やや肌立ちこころに地沸付く。
       [刃紋]、小沸出来細直刃、刃縁締まり細かな金筋絡む。
       [帽子]、先、小丸で返り部分掃き掛ける。 
       [茎、]、うぶ茎、尻摘む、化粧に筋違ヤスリ。
      
       手柄山正繁の門人、号は臥龍軒。








    白鞘付  保存刀剣鑑定書付
     
しのぎ刀剣美術館