脇差 (銘)  相州住綱広    室町時代 (文禄頃)   相模国
        
       [体配]、平造り三つ棟、身幅重ねは尋常。
           刃長37.9p 反り0.9p、元幅2.7、先幅2.5p、元重5、先重4o。
       [地鉄]、小板目詰む。
       [刃紋]、皆焼、匂い口締まる。
       [帽子]、先、掃き掛けて返る。 
       [茎、]、うぶ茎、切りヤスリ。
      
       三代目の作品と思われる出来の良い一振りです。






]

    白鞘付  特別貴重刀剣認定書付
     
しのぎ刀剣美術館

    拡大 表