脇指 (銘)  兼 元    室町時代 (天正頃)    美濃国
        
       [体配]、本造り庵棟、身幅重ねは尋常。小切っ先。
           刃長51.0p 反り1.2、元幅2.6、先幅2.3p、元重5、先重4o。
       [彫刻]、無し。
       [地鉄]、板目に柾目混じり。
       [刃紋]、互の目に尖り刃混じり。
       [帽子]、乱れ込み、先、丸く返る。 
       [茎、]、茎尻摘む、鷹羽ヤスリ。






孫六兼元とは別人です。


    外装付  保存会正真鑑定書付
     
しのぎ刀剣美術館