刀 (無銘)  越後国貞清    昭和時代 (初期)    新潟県
        
       [体配]、本造り庵棟、身幅重ねは尋常。中切っ先で上品な姿。
           刃長68.5p 反り1.4、元幅3.1、先幅2.5p、元重6、先重5o。
       [彫刻]、表裏に棒樋を掻き流す。
       [地鉄]、小板目。
       [刃紋]、丁字乱れ。
       [帽子]、乱れ込み、先、小丸く返る。 
       [茎、]、うぶ茎尻、区送り、化粧に筋違ヤスリ。

       俗名は上村八十八、南魚沼郡塩沢町、明治十七年生まれ、国工院名誉宗匠、元陸軍受命刀匠。
       軍刀技術奨励会にて入選。







    白鞘付  保存刀剣鑑定書付
     
しのぎ刀剣美術館