短刀 (銘) 長谷部義重   江戸時代 (安政頃)    上野国
          安政五年二月日

       [体配]、平造り庵棟、重ねの厚い造り込み。
           刃長27.8p 反り内反り、元幅2.6、先幅2.4p、元重9、先重7o。
       [彫刻]、腰樋に添え樋。
       [地鉄]、小板目無地風。
       [刃紋]、互の目丁字乱れ。
       [帽子]、乱れて小丸に返る。 
       [茎、]、うぶ茎、化粧筋違ヤスリ。
      
       武蔵国川越に生まれ、細川正義門となり、上野国高崎藩工として活躍しました。









    外装.白鞘付  特別貴重刀剣認定書付

     
しのぎ刀剣美術館