脇指 (銘) 兼 門    室町時代 (永禄頃)    美濃国

       [体配]、平造り庵棟、刃長52.8p 反り1.3、元幅3.0、先幅2.5p、元重6、先重5o。
       [彫刻]、表裏に棒樋に添え樋。
       [地鉄]、板目。
       [刃紋]、尖り刃交じりの互の目乱れ。飛び焼き入り。
       [帽子]、乱れて返る。 
       [茎、]、うぶ茎、檜垣ヤスリ。
      
       関善定家の刀工で、名鑑によれば室町初期から明治時代までその名跡は連綿として続きました。。







旅の途中で財布を落としても大丈夫、柄の中に非常時に備えて。


    半太刀拵付  刀剣保存会鑑定書付き 

     
しのぎ刀剣美術館