刀 (銘) 肥前国兼元   昭和時代    佐賀県
          昭和五十八年五月日

       [体配]、本造り庵棟、刃長71.7p 反り1.9、元幅3.3、先幅2.7p、元重7、先重5o。
       [彫刻]、表裏に棒樋。
       [地鉄]、小板目詰む。
       [刃紋]、互の目乱れ。
       [帽子]、直ぐに小丸。 
       [茎、]、うぶ茎、突っかけ筋違いヤスリ。
      
       俗名:元村兼作。明治40年生まれ。佐賀県佐賀市長瀬町住。元陸軍受命刀匠。三代目武藤久広の門人。
       新作刀展入選。陸軍軍刀技術奨励会総裁賞を受賞。




   

    外装付  正真保証 
    法量:鞘を払って1,030g
    高級居合刀

     
しのぎ刀剣美術館