刀 (銘) 真鍋純平作   平成時代 (三年)    兵庫県
          平成壬申年春吉詳日

       [体配]、本造り庵棟、刃長75.8p 反り2.6、元幅3.2、先幅2.6p、元重7、先重5o。
       [彫刻]、表裏に棒樋。
       [地鉄]、小板目詰み杢目交じり。
       [刃紋]、太直刃。
       [帽子]、直ぐに小丸返り。 
       [茎、]、うぶ茎、栗尻、折違ヤスリ。
      
       真鍋和也、兵庫県多可郡中町牧野住、宮入行平門人、全日本刀匠会員、優秀賞三回。





    白鞘付   上研磨済みです。

     
しのぎ刀剣美術館