刀  (銘) 備州長船守家   室町時代 (応永頃)    備前国
           
       [体配]、本造り庵棟、刃長61.8p 反り2.2、元幅2.7、先幅2.0p、元重6、先重4o。
       [彫刻]、無し。
       [地鉄]、板目、映り立つ。
       [刃紋]、直ぐ調子に小互の目混じり刃中足入る。
       [帽子]、小丸返り。 
       [茎、]、うぶ茎、栗尻、浅い勝手下がりヤスリ。
      
       中程に埋め鉄が有るも、佐藤寒山博士の優秀作との鞘書きがある。


    作品の現存希な刀工で、うぶ茎在銘の本作は学術的に貴重資料