脇指 (銘) 武州住外紀利長   江戸時代 (寛文頃)    武蔵国
           真十五枚甲伏造

       [体配]、本造り庵棟、刃長52.7p 反り1.2、元幅2.7、先幅2.4p、元重6、先重2o。
       [彫刻]、無し。
       [地鉄]、小板目。
       [刃紋]、互の目乱れ。
       [帽子]、小丸返り。 
       [茎、]、うぶ茎、折違ヤスリ。
      
       下原派の刀工で、三代目周重の後銘です。





    白鞘付   日本刀剣保存会鑑定書 

     
しのぎ刀剣美術館