脇指 (銘) 大和守安定   江戸時代 (寛文頃)    武蔵国
           裁断銘がある。

       [体配]、本造り庵棟、刃長53.5p 反り0.4、元幅2.9、先幅2.7p、元重6、先重5o。
       [彫刻]、表裏に棒樋。
       [地鉄]、板目に柾目と杢交じり。
       [刃紋]、互の目乱れ、刃中盛んに砂流しかかる。
       [帽子]、掃き掛けて浅く返る。 
       [茎、]、僅か磨上、元ヤスリは筋違い。
      
       裁断銘が有るも金象嵌が取れている。       






    白鞘付   日本刀剣保存協会認定書  特別貴重刀剣

     
しのぎ刀剣美術館