短刀 (銘) 秋元一貫斎昭友   昭和時代 (49年)    東京都
           昭和四九年七月日

       [体配]、平造り庵棟、刃長29.7p 内反り、元幅2.7先幅2.4p、元重7、先重5o。
       [彫刻]、なし。
       [地鉄]、板目に柾心。
       [刃紋]、互の目丁字乱れ。
       [帽子]、丸く返る。 
       [茎、]、うぶ茎、化粧折違ヤスリ。地刃健全傷無し。
      
       俗名は秋元信一、明治43年栃木県黒磯生まれ、笠間繁継門人、新潟県在住。陸軍受命刀匠。
       軍刀技術奨励会で優秀賞、赤坂氷川町の日本刀鍛錬所に入門、後に師範を勤める。







    白鞘付   日本刀剣保存会鑑定書付

     
しのぎ刀剣美術館