刀 (銘) 延  清              室町時代     長門国
          
       [体配]、本造り庵棟、刃長69.4p 反り2.0、元幅2.8、先幅2.4p、元重5、先重4o。
       [彫刻]、無し。
       [地鉄]、板目流れ心に、淡く映り立つ。
       [刃紋]、直刃、刃中足入り、砂流し掛かる。
       [帽子]、掃き掛ける。 
       [茎、]、うぶ茎尻、刃送り、勝手下がりヤスリ。
      
       仁王延清の現存品がまれで、佐藤寒山博士の鞘書きにも珍品と示されています。





    白鞘付   上研磨済みです。 特別保存刀剣鑑定付

     
しのぎ刀剣美術館