脇指 (銘) 播磨守藤原輝広作   江戸時代 (天和頃)    安芸国
          
       [体配]、平造り三ツ棟、刃長30.6p 反り−、元幅3.0、先幅2.6p、元重7、先重6o。
       [彫刻]、無し。
       [地鉄]、小板目詰み刃寄り柾気。
       [刃紋]、直刃。
       [帽子]、直ぐに小丸返り。 
       [茎、]、うぶ茎、栗尻、化粧折違ヤスリ。
      
       俗名は甚八、初代輝広の娘婿、慶長11年肥後守を受領。






    白鞘付   上研磨済みです。 甲種特別貴重刀剣証書付

     
しのぎ刀剣美術館