刀 (銘) 陸奥大掾三善長道     江戸時代 (寛文頃)    岩代国
          
       [体配]、本造り庵棟、刃長75.7p 反り1.4、元幅3.0、先幅2.5p、元重7、先重5o。
       [彫刻]、無し。
       [地鉄]、小板目に木目混じり。
       [刃紋]、互の目乱れ、刃中足入る。
       [帽子]、直ぐに、先、小丸に返る。 
       [茎、]、うぶ茎、切ヤスリ。
       
       初代三善長道、三好政長の子、長曽根虎徹に似ているので会津虎徹と称される事がある。
       最上大業物。




    白鞘付   特別貴重刀剣認定書付

     
しのぎ刀剣美術館