刀 (銘) 兼 門 造     室町時代 (天文頃)    美濃国
          
       [体配]、本造り庵棟、刃長69.9p 反り2.5、元幅3.0、先幅2.4p、元重6、先重5o。
       [彫刻]、無し。
       [地鉄]、板目に木目混じり。
       [刃紋]、尖り互の目乱れ、刃中足入る。
       [帽子]、乱れ込み地蔵風に返る。 
       [茎、]、うぶ茎、檜垣ヤスリ。
       
       俗名:三井文衛門、善定派の刀工で、甲州逸見谷戸村での作品もあるようです。 業物。





    白鞘付   日本刀剣保存会鑑定書付

     
しのぎ刀剣美術館