脇差 (銘) 備前長船住横山祐包   江戸時代 (文久頃)    備前国
            文久二年八月日
          
       [体配]、平造り庵棟、刃長45.1p 反り1.2、元幅3.1、先幅2.5p、元重10、先重7o。
       [彫刻]、無し。
       [地鉄]、小板目詰み、地沸一面につく。
       [刃紋]、富士見西行刃。上部は菊花丁字。
       [帽子]、直ぐに、先、小丸に返る。 
       [茎、]、うぶ茎、浅い勝手下がりヤスリ。
       
       俗名:横山俊吉。祐盛養子。祐定13代目で、友成58代孫と刻すことがある。




    白鞘付   特別貴重刀剣認定書付

     
しのぎ刀剣美術館