短刀 (銘) 義 広     室町時代 (天文頃)    駿河国
          
       [体配]、平造り三ツ棟、刃長29.4p 反り0.0、元幅2.8、先幅2.5p、元重5、先重4o。
       [彫刻]、無し。
       [地鉄]、板目よく錬れる。
       [刃紋]、中直刃仕立て、間をおいて互の目交じる。
       [帽子]、尖り心に長く返る。 
       [茎、]、うぶ茎、切りヤスリ。
       
       嶋田派。義助門人。




    白鞘付   日本刀剣保存会鑑定書付

     
しのぎ刀剣美術館