刀 (銘) 仙台産以岩鉄兼次         江戸時代       陸奥国
          元治元年8月日

       [体配]、本造り庵棟、刃長71.3p 反り1.8p、元幅3.1、先幅2.7p、元重7、先重5o。
       [彫刻]、無し。
       [地鉄]、小板目。
       [刃紋]、互の目乱れ。
       [帽子]、掃きかけて返る。 
       [茎、]、うぶ茎、栗尻、角棟小肉、化粧筋交いヤスリ。
      
 
       仙台藩熊谷兼次の後代。






    角付の白鞘付   日本刀剣保存会、鑑定書付

     
しのぎ刀剣美術館