刀 (銘) 命鍛之菅原朝臣孝長
    
嘉永七年八月 草野吉明造之       江戸時代      摂津国
           
       [体配]、本造り庵棟、京反り、刃長71.7p 反り1.8p、元幅3.0、先幅2.4p、元重7、先重5o。
       [彫刻]、無し。
       [地鉄]、小板目詰む。
       [刃紋]、小沸出来直刃、刃縁に細かい砂流し掛かる。
       [帽子]、直ぐに、先、小丸に返る。 
       [茎、]、うぶ茎、刃上がり栗尻、小丸棟次第に角棟となる、化粧筋交いヤスリ。

       俗名は草野哲三郎、本国の因幡国から大阪に出て月山貞吉門に学ぶ。
       本作は命がけで鍛えた旨の刻銘がある力作です。







    白鞘付   

     
しのぎ刀剣美術館