脇指 (銘) 朝 尊      江戸時代末期   山城国
       弘化二年二月日
       

      本造り庵棟、刃長37.1p、反り1.8p、身幅細めで上品な造り込み。
       地鉄、小板目に柾目混じり、総体に良く詰んで鮮美。      
       刃紋、糸直刃。
       帽子、先、小丸に返る。
       茎、うぶ茎、切ヤスリ、刃上がり栗尻、角棟小肉。
 

     土佐国生まれ、上洛して千種有功の相槌を勤めた。江戸湯島でも作刀した。





    白鞘付    
    しのぎ刀剣美術館