大小一腰 大刀(銘) 河内大掾重貞      江戸時代(元禄頃) 播磨国
             

      本造り庵棟、刃長71.0p、反り1.5p。元幅3.2、先幅2.6p。元重8、先重6o。
       地鉄、小板目詰み地沸つく。      
       刃紋、太直刃。
       帽子、直ぐに小丸く返る。
       茎、うぶ茎、化粧筋違ヤスリ、刃上がり栗尻、角棟。
 


      小刀(銘) 越前大掾源国定      江戸時代(元禄頃) 備中国

        本造り庵棟、刃長54.6p、反り1.8p。元幅3.1、先幅2.5p。元重8、先重6o。
       地鉄、小板目詰み地沸つく。      
       刃紋、小湾れ調に互の目交じる。
       帽子、直ぐに先小丸く返る。
       茎、うぶ茎、化粧筋違ヤスリ、栗尻、角棟。
 

     水田派。俗名:平九郎。


<外装>



       大刀:外装付  保存刀剣鑑定付      小刀:外装付  貴重刀剣認定書

       しのぎ刀剣美術館