脇指 (銘) 越前守藤原吉門      江戸時代 (元禄頃)   美濃国
              

      表は菖蒲造り、裏は平造り庵棟、刃長44.2p、反り2.0p。元幅3.2、先幅2.9p、元重6、先重5o。
       地鉄、板目に木目交じり。      
       刃紋、湾れに互の目混じり、小沸付いて刃中に砂流しかかる。
       帽子、先、尖って返る。
       茎、うぶ茎、檜垣ヤスリ、刃上がり栗尻、角棟。
  
       関善定家の刀工、二代目。
 





    白鞘付  日本刀剣保存協会.保存鑑定付
    しのぎ刀剣美術館