脇指 (銘) 越後守包貞      江戸時代 (寛文頃)   摂津国
              

      本造り庵棟、刃長54.1p、反り1.1p。元幅2.7、先幅2.2p、元重6、先重4o。
       地鉄、小板目。      
       刃紋、互の目乱れ、刃中砂流しかかる。
       帽子、先、掃きかける。
       茎、茎尻摘む、化粧筋違ヤスリ。初代。
  
       俗名は山田平太夫。本国は大和、手掻包貞の末葉。大坂に出て大和出身の初代伊賀守包道に学ぶ。
       刻銘は
「越後守包貞」





    白鞘付  日本刀剣保存会鑑定付
    しのぎ刀剣美術館