脇指 (銘) 対馬守橘常光      江戸時代 (慶安頃)   武蔵国
              

      本造り庵棟、刃長55.8p、反り1.3p。元幅3.2、先幅2.5p、元重6、先重4o。
       表裏に棒樋の彫刻がある。
       地鉄、小板目。      
       刃紋、大互の目丁字乱れ、匂い出来で刃中足入る。
       帽子、先、小丸に返る。
       茎、うぶ茎、勝手下がりヤスリ、栗尻、角棟。

       俗名は日置市之丞、のちに三郎左衛門、八左衛門と改める。
       刻銘は「対馬嫁橘常光」「武州住対馬守橘常光」「対馬守橘常光」「対馬守橘入道常光」「知休常光入道」
       恒光と刻銘のものがあるとも云う、入道して智体と号し、また一法と号すというが、一法は別人だとする説がある。
       本国江州蒲生郡、のち山城を経て江戸に移住、四谷に住み鍛刀したと伝る。       






    白鞘付  特別保存刀剣鑑定付
    しのぎ刀剣美術館