脇指 (銘) 義 助       室町時代 (天正頃)   駿河国
       

      平造り庵棟、刃長37.8p、反り1.0p。元幅2.8、先幅2.5p、元重7、先重5o。
       地鉄、板目流れる。      
       刃紋、皆焼。
       帽子、掃けこころに丸く返る。
       茎、うぶ茎、切りヤスリ、栗尻、角棟。
  
       本作は四代目義助と思われますが、四代ならば俗名は五条清兵衛。
       備前より来住した家俊、家次父子に備前伝を学ぶと伝えており、武田家のために甲府で駐鎚鍛刀している。
       作風は三代義助同様で上手である。



















    時代うぶ外装付  保存会鑑定書付
    しのぎ刀剣美術館