刀 (銘) 家 次       室町時代 (永禄頃)   加賀国
               

      本造り庵棟、刃長69.1p、反り1.7p。元幅2.8、先幅2.4p、元重6、先重4o。
       地鉄、板目に小板目混じり。      
       刃紋、互の目乱れ、刃中に金線砂流し掛かる。
       帽子、乱れ込み、先、掃け心に返る。
       茎、うぶ茎、入山形、筋違ヤスリ。
  
       橋爪派の刀匠で、初代は応永頃で、同名は室町末期まで続いたようです。





    保存刀装具鑑定付外装、白鞘付  保存刀剣鑑定書付

    しのぎ刀剣美術館