刀 (銘)  吉          江戸時代 (寛永頃)   陸奥国
              

      本造り庵棟、刃長68.1p、反り1.2p。元幅3.0、先幅2.5p、元重5、先重4o。
       地鉄、柾目流れ心、地沸付き詰む。      
       刃紋、湾れ調子に互の目混じり、沸付いて刃中金線砂流し掛かる。
       帽子、乱れ込み、先、小丸く返る。
       茎、磨上茎、丸棟、筋違のうぶヤスリ残る。
  
       初代包吉、本国は大和国、俗名は阿部甚右衛門、初代国包門人、仙台に住み三代続きました。




    刀剣保存会鑑定書付

    しのぎ刀剣美術館