脇指 (銘) 河内守藤原国助     江戸時代 (寛永頃)  摂津国
               

      本造り庵棟、刃長45.5p、反り1.0p。元幅3.3、先幅2.9p、元重6、先重5o。
       地鉄、小板目に流れ柾混じり。      
       刃紋、湾れ調子に大互の目乱れ、刃中砂流し掛かる。
       帽子、直ぐに、先、掃け心に丸く返る。
       茎、うぶ茎、筋違ヤスリ、刃上り栗尻。
  
       小林甚兵衛、伊勢亀山生まれ、神戸住と刻銘する事がある。山城国の堀川国広に学ぶ。
       後に大阪に移住、寛永初年頃に河内守を受領して初代国助と成る。
    





    外装.白鞘付.  貴重刀剣認定書付

    しのぎ刀剣美術館