脇指 (銘)  清  則      室町時代 (永享頃)   備前国
              

      本造り庵棟、刃長54.1p、反り1.5p。元幅2.6、先幅2.2p、元重6、先重4o。
       彫刻、表裏に棒樋を掻き通す。
       地鉄、板目杢交じり。      
       刃紋、匂い締まる直刃。
       帽子、直に、小丸く返る。
       茎、磨上茎、元ヤスリの勝手下がり残る。
  
      吉井派。吉則の子。清則三代目。




    刀剣保存協会 保存鑑定書付

    しのぎ刀剣美術館