脇指 (銘) 大和守吉道      江戸時代 (寛文頃)   播磨国
              

      本造り庵棟、刃長46.6p、反り1.3p。元幅3.0、先幅2.4p、元重6、先重5o。
       地鉄、小板目詰む。      
       刃紋、直焼き出しに、簾刃。刃中しきりに砂流しかかる。
       帽子、三品。
       茎、うぶ茎、剣尻、大筋違ヤスリ、角棟。
  
       二代目。俗名:三品四朗兵衛。播州姫路で鍛刀したので「姫路大和」と呼ぶ。
       寛文頃、水戸義公に招かれ水戸七軒町で鍛刀した。業物。



    刀剣保存会鑑定書付

    しのぎ刀剣美術館