刀 (銘) 兼 住          室町時代 (永禄)    美濃国
          
       [体配]、本造り庵棟、刃長67.3p 反り2.1、元幅2.8、先幅2.2p、元重6、先重4o。
       [彫刻]、無し
       [地鉄]、板目に流れ柾交じり。
       [刃紋]、互の目乱れ、尖り刃交じり。
       [帽子]、乱れ込み、丸く返る。 
       [茎、]、うぶ茎、栗尻、ヤスリ不明。角棟、小肉つき。

       関七流の内、奈良派に属する刀工で、同名は天正から幕末の慶応頃迄続きました。
       外装は江戸中期頃の肥後金具お使用、鍔は鉄地木瓜型で蔦図に真鍮覆輪が施されています。






    外装付  日本刀剣保存会 鑑定書付   

     
しのぎ刀剣美術館