刀 (銘) 一肥前国出羽守行広    江戸時代(寛文頃)   肥前国
          
       [体配]、本造り庵棟、刃長70.3p 反り1.8、元幅3.1、先幅2.2p、元重7、先重4o。
       [彫刻]、棒樋。
       [地鉄]、小板目。
       [刃紋]、互の目乱れ。刃中足入り。
       [帽子]、小丸。 
       [茎、]、うぶ茎、栗尻、角棟l、筋違ヤスリ。

      初代忠吉の孫、阿蘭陀鍛えの名手。鍋島左京の抱え工。




    白鞘付  日本刀剣保存会 正真鑑定書付   

     
しのぎ刀剣美術館