脇指 (銘)  備州長船祐定         室町時代 (永禄頃)   備前国
               

      本造り庵棟、刃長54.0p、反り1.4p。元幅2.8、先幅2.3p、元重7、先重5o。
       彫刻、なし。
       地鉄、板目杢目交じり、良く詰む。      
       刃紋、互の目丁子乱れ。
       帽子、乱れ込み、先、掃け心。
       茎、うぶ茎。浅い勝手下がりヤスリ。栗尻。角棟。
  
       祐定は名鑑に数十工を記するが、刀工の個人を特定するのは困難です。





    白鞘付  刀剣保存会鑑定書付

    しのぎ刀剣美術館