(銘)  河内守本行             江戸時代    豊後国
        以正宗造作      

      大小共本造り庵棟、大刀は刃長69.8p、反り1.8p、元巾3.1p、先巾2.4p、元重7o、先4o。
       小刀は刃長52.1p、反り1.6p、元巾2.8p、先巾2.6p、元重7o、先5o
      地鉄、大小共に小板目に木目交じり良く詰む。
      刃紋、大刀は皆焼風、小刀は互の目丁子乱れ。
       帽子、大刀は先が小丸に返る。小刀は」乱れ込み掃ける。  
      茎、大小共うぶ茎。大小共勝手下がりヤスリ。

 
    世に言う松葉本行の大小一腰です。

   
      



 
 特別貴重刀剣認定書
   

大小 (銘) 紀新太夫高田河内守本行
        享保六年十一月日





 特別貴重刀剣認定書

   しのぎ刀剣美術館