刀 () 伊勢守信貞            江戸時代   美濃国
                          

       本造り庵棟、刃長69.8、反り1.2p、元巾2.9、先巾2.4p、元重7o、先重5o
      地鉄、板目かす立ち気味。      
      刃紋、匂い口締まり心の尖り互の目三本杉風となり刃中足入る。
      帽子、乱れ込み、先小丸に返る。
      茎、うぶ茎、入山形、小丸棟、化粧筋違ヤスリ。
 
      美濃国岩捲派の刀匠。





  白鞘付  保存刀剣鑑定書付

    
  しのぎ刀剣美術館