刀 () 定 国             室町時代   武蔵国
                          

       本造り庵棟、刃長73.8、反り2.0、元巾、先巾p、元重 o、先重o
      地鉄、板目。      
      刃紋、小沸出来の直調小乱れ、刃中足入る。
      帽子、浅く乱れ込み返る。
      茎、半分ほど磨り上がり、銘文残る、浅い勝手下がりヤスリ。

      珍しい高麗鍛冶の作品、現在の埼玉県日高市高麗本郷に居た鍛冶。       

 


    外装.白鞘付  刀剣保存会正真鑑定書付

    
しのぎ刀剣美術館