刀 () 大和守安定            江戸時代   武蔵国
                          

       本造り庵棟、刃長61.0、反り0.8p、元巾3.0、先巾2.3p、元重7o、先重5o
      地鉄、小板目に杢目交じり肌立ち心。      
      刃紋、小沸出来の互の目乱れ。
      帽子、直ぐに、先小丸に返る。
      茎、うぶ茎、栗尻、丸棟、筋違ヤスリ。
 

      典型的な寛文時代の姿を表した初代安定の作品。


 


    外装.白鞘付  特別保存刀剣鑑定書付

    
しのぎ刀剣美術館