刀 () 武州吉原住内記康重        江戸時代   武蔵国
       寛文九年己酉八月吉日
                    

       本造り庵棟、刃長70.6、反り1.7p、元巾3.2、先巾2.5p、元重7o、先重5o
      地鉄、板目に杢目交じり。      
      刃紋、小沸出来の太直刃。
      帽子、直ぐに、先、小丸に返る。
      茎、うぶ茎、入山形、角棟、切ヤスリ。
 地刃健全、古研磨につき小錆び有り。
      
下原は下腹を連想させると吉原に改竄されている面白い一例です。五代目康重です。 



    旧日本陸軍用軍装付  刀剣保存協会保存鑑定書付 

    
しのぎ刀剣美術館