刀 () 越後守包貞       二代    江戸時代   摂津国
                           

       本造り庵棟、刃長76.0、反り1.9p、元巾3.2、先巾2.2p、元重7o、先重5o
      地鉄、小板目、地沸付く。      
      刃紋、大のたれ沸付明るく冴える。
      帽子、直ぐに、先、小丸に返る。
      茎、うぶ茎、入山型、小丸棟、筋違ヤスリ。
 地刃健全出来良し。
      

      二代目包貞は後に「坂倉言之進照包」と改召しています。
 
















    外装.白鞘付  刀剣保存会正真鑑定書付 

    
しのぎ刀剣美術館