脇指 () 正 広        室町時代   伯耆国
                           

        本造り庵棟、刃長48.2、反り1.2p、元巾2.9、先巾2.4p、元重6o、先重5o
      地鉄、小板目。      
      刃紋、互の目刃。
      帽子、直ぐに、先、焼詰こころ。
      茎、うぶ茎、刃上がり栗尻、小丸棟、筋違ヤスリ。

      
正広は文禄頃の刀工で、現存する作品は少ない様です。佐藤寒山博士の鞘書きがある。 








    白鞘付  刀剣保存協会認定書付 

    
しのぎ刀剣美術館